日本の風俗サービスの歴史について

日本の風俗サービスの歴史は意外に古く、有名なのは江戸時代の吉原遊郭が有名であると思います。 吉原は始めに現在の東京日本橋の人形町にあり、一度は明暦の大火で燃えてしまったため、 浅草寺裏の日本堤に移転し、前者を元吉原、後者を新吉原と呼んだらしいです。 そう考えると今も昔も男性の性欲は変わらずだったようですね。 遊郭で働く遊女にはランクがあったらしく、遊女の最高ランクは太夫や花魁と呼ばれ、 気に入らない男性はなかなか相手にしてもらえなかったそうです。 今も昔も店の看板娘的な女性は存在したという事でしょうか。 そんな遊女ですが一部を除き、大部分の遊女は性病や感染症を患っていたらしく、健康状態も悪かったようです。 まぁ、普通に考えると衛生管理といったものも皆無であったのは明白ですし、仕方ないとは思いますが。 それに比べると現代の風俗は良く管理されて格段に良くなっていると思いますね。 私もたまにデリヘルといった風俗サービスを利用しますが、皆さん清潔な感じがします。 中には性病や感染症といったものを患われている方もいるのかも知れませんが、私はあたった事がありません。 男性である以上、いくつになっても性欲は尽きる事はありませんし、今後も風俗は欠かせない存在であるのは間違いないと思います。

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
オススメリンク

風俗は美少女とエッチなことができる

風俗やデリヘル、ソープ、ホテヘルで男性が求めているのは、顔が小さくて目がクリっとしている美少女タイプの女の子ではないでしょうか?

30代になってみてわかったことですが、男性はいつまでたっ… Read more

アニメも風俗も仮想空間である

美少女アニメにはまる経験は男性なら一度はあるのではと思う。実在の女性も性欲の対象ではあるが、そう簡単に理想的な女性は見つからない物なのだ。そこでアニメの美少女にのめり込む様になる。ここら辺、アニメを見ない人達は理解できないのではないか?これはしっかりとキャラクターを見ていないのが原因なのである。よく見れば魅力的なキャラがいることに気がつくはずだ。 だが、やがてはアニメから実写へとその性欲の対象が変化していく、漫画のキャラクターをどんなに愛していたとしても、それは架空の存在である。頭で理解していても暫くの間は性欲の強さが勝っているが、やがてはそれも冷めてくる。三年目の浮気という歌があるが、それはアニメキャラであっても同じなのだ。 ここで一旦アニメから風俗への流れが発生する。これを見てご両親も安心するのかもしれないが、この話には続きがある。風俗とて幻想に過ぎないのである。本当に好きで性交渉をしているのではなく、仕事に過ぎないから客も直ぐに冷めてしまう。 彼はアニメの世界に戻る事になるだろう。ここから抜け出す方法はたった一つ、本当の彼女と付き合うのみである。アニメや風俗というバーチャルから脱出するにはこれ以外方法は無い。

Copyright © 2014 . All Rights Reserved.